私は自分の歯というものについてはけっこう自信を持っており、あまり真剣に手入れをしなくていいようにしています。
これは、食べるものや生活習慣について常に気を配っているからでして、ことに色に関しては歯に色がつきやすいものを食べたり飲んだりするのを控えるようにしているのです。
私たちの生活の中では、歯に色がつくということは珍しいことではありません。
ワインとかタバコ、コーヒーなど色のきついものについては歯に色がしみついてしまうということが多く、それは気をつけていても長い間習慣として定着しているとなかなかとれないものになってしまうからです。
このように歯の色が気になった場合は、ホワイトニングということをするといいという風に聞いています。
これは、歯医者さんなどにおいて特に歯を白くするように手を加えてくれるというものでして、歯の表面を削ったりするということもあるみたいですけど、色つやなどが目に見えてよくなりますし、健康的に見えるということにもつながるのです。